本文へスキップ

0

0

 研究会誌

研究会学術誌「行動リハビリテーション」の目的は,行動分析学とリハビリテーションに関する研究を掲載しその知見を周知することによって,リハビリテーションの進歩に寄与することです.


研究会誌は,会員に無料配布されます.
投稿規定
○○○○○○○○
倫理規程
倫理チェックリスト
○○○、○○○
投稿承諾書
000,000円

vol3

<巻頭言>
リハビリテーションの未来予想図と行動リハビリテーション  加藤 宗規

<特別寄稿>

着用型機器を用いた人々の相互作用行動の計測に基づく社会的交流支援              鈴木 健嗣・他

<チュートリアル>

従来の日常生活動作評価の限界     大森 圭貢
・評価方法の信頼性         遠藤 有紗
・評価結果の活用  課題分析と得点化によるADL評価方法        岡田 一馬
・行動分析学に基づいた日常生活動作練習の効果          宮本 真明
・行動分析学に基づいた日常生活動作練習の効果評価に基づくADLの予後予測     古田 裕太

<研究論文>

・逆方向連鎖化の技法を用いた起居動作練習の効果 認知症を合併した重度片麻痺者における検討  岡田 一馬・他
・拒否的な患者に対する起立歩行訓練 喫煙を強化刺激とした介入          松井 剛・他
・視覚障害・認知症を有する患者に対する触覚教示と賞賛による立ち上がり動作練習          吉村 正美・他
・統合失調症を有する脊髄不全損傷患者に対するトークンを用いた歩行訓練          上薗 紗映・他
・維持期の失語症者に対する音読訓練              矢作 満
・重度片麻痺と全失語を呈した症例に対するプロンプトフェイディング法と時間遅延法を併用したトイレ動作練習の効果についての検討                   中島 秀太・他
・起立・歩行練習のコンプライアンスが著しく低下していた認知症患者に対する介入          岡庭 千恵・他
・外来パーキンソン病患者の歩行距離延長に対するフィードバックの効果              多田 実加・他
・四肢不全麻痺患者の起き上がり動作に対する応用行動分析学的介入     最上谷 拓磨・他

<編集後記>         松井 剛                                    

vol2

<巻頭言>
 行動リハビリテーションとは          山ア裕司

<提言>
Why               友利幸之介 

<特別寄稿>
行動分析学の神経生理学的背景     北澤茂

<チュートリアル>
"行動リハヒ?リテーション研究会映像配信班:パフォーマンス分析によるミッション共有型映像配信モデル"                 是村由佳・他 

<研究論文>
・全失語によって指示理解不可能でコンプライアンスが著しく低い症例に対するトイレ動作練習:難易度調整を併用した行動連鎖法による介入         松井剛・他
・片側大腿義足異常歩行分析における熟練者と初心者の観察方法の違いについて:モバイル型アイマークレコーダによる検討         豊田輝・他
・進行性核上性麻痺患者に対する逆方向連鎖法を用いた起き上がり動作練習          遠藤有紗・他
・運動障害性構音障害患者に対する身体接触の有効性:失声状態と拒否的言動に対するアプローチ                   矢作満

<編集後記> 鈴木誠                                    

vol1                         
<巻頭言>
行動リハビリテーション キックオフ      山本淳一

<チュートリアル>
日常生活動作訓練について考える                    鈴木誠

<研究論文>
・脳血管障害患者のバランス能力とADL自立度の関係               宮本真明・他
・日常生活動作全般に介助を要した脳卒中患者に対する動作練習               小嶋智子・他
・上肢骨折患者の自宅訓練におけるコンプライアンスと訓練効果               杉村誠一郎・他
・筋力低下により身辺動作障害を来たした症例 中村恵理・他

<編集後記> 鈴木誠


バナースペース

0

0
0

0
0